ゆるり中国 転職日記

2019年4月から中国に来て、20年12月から深センでデザイナーとして働いています!

M1 iPad Pro 11inchを予約しました

f:id:wemppy:20210606232942j:plain

こんにちは!M1搭載のiPad Proを予約しました! 少し前まで購入することは全然考えてなかったのですが、いや〜、本当に届くのが楽しみです。

本記事ではM1 iPad Proを買ったのか、個人的な事情も多いですが、その理由をつらつらと、記事にさせていただきます。

はじめに:今使っているiPad

f:id:wemppy:20210606234943j:plain image:Apple iPad Pro 10.5inch

現在使用しているのはiPad Peoの10.5インチモデルです。これは2017年6月に購入し、もう4年ほど使っています。 今でもバリバリ現役で、動作も速く、アプリも快適に動作します。

このiPadを買った当時は左右のベゼルが薄くなり、10.5インチにサイズ拡大したタイミングで、これがiPadの完成形だと思ったのを覚えています。あと4年は戦える相棒になると感じて購入しました。 実際にその能力を存分に発揮し、超快適です。

新しいiPadを買った理由

f:id:wemppy:20210606232947j:plain image:Apple

全面ディスプレイのiPad Proが出て、それがiPad Airに搭載されたら、Airを買いたいと思っていました。 実際に去年新しいiPad Airが発売されましたが、今使っているiPadに何も問題ないため、購入を渋っていました。

そんな中、彼女がiPadが欲しいと言い出したことがきっかけでした。 彼女からの提案で、9月に新しいiPadが出たらそれを買って、今使っているiPadは譲ってほしいという提案でした。 彼女はオンラインで受けてる外国語授業や、家族とのFacetimeに使いたいと思っているようです。

これを聞いたときは脳に電撃が走りました。だって、突然新しいiPadを買う理由ができたんですから!!

もちろん、彼女の使用目的なら一番グレードが低いエントリーモデル「iPad 10.2inch」を新しく買ってあげることも考えました。 でも私が使っているiPadも、一応Proです。画面も少し大きいですし、快適に使えるはずです。 なので、私が新しいiPadを買うという内容で話が進んで(進めて?)行きました...。

M1 iPad Proを選んだ理由

Airの256GBは高すぎる

f:id:wemppy:20210606234937j:plain image:Apple

iPad Airが狙い目だったため、9月の発表後に購入するつもりでした。 現行モデルもいいですが、せっかく数ヶ月待って新型が出るなら、それを待とうと思っていました。

M1 iPad Proが先月に発売されたのは当然知っていましたが、私にとってiPad Proはオーバースペックで値段が高い、高嶺の花だと思いこんでいたため、あまり気にしていませんでした。

現行のiPad Airを買うなら、値段はいくらになるのか調べているときでした。 モデルは64GBと256GBしか無いんですね。64は少なすぎるけど、256は多すぎる、という人は多いのではないでしょうか。 私もそうで、現在のiPadは80GB程度を消費しています。 iCloudを毎月2TBで契約しているので(実家とファミリー共有、家族全員がiCloud Photoでバックアップしています)そこにデータを逃がす手も考えました。 でも今のiPadよりも容量グレード落として、工夫しながら使うのもちょっと違うよな〜と感じました。

仕方ないので256GBの一択か、そう思っていたときに、ふとiPad Proが128GBスタートだった事を思い出しました。

M1 Pro のエントリーとAirの上位は値段差7千円!

Proだと大体いくらくらいかと思って調べると、、 Airの256GBとM1 Proの128GBは7千円しか差がない!? 衝撃の事実が判明しました。

www.apple.com

7千円なんて、2回、もしくは3回飲みに行くだけでなくなります。 その7千円を足すだけでAppleの提唱するM1 iPadでの最上級のユーザー体験に参加できることは、乗るしか無いだろうこのビックウェーブに状態でした。

この値段差は絶妙ですね。

M1はオーバースペックでは?

f:id:wemppy:20210606233004j:plain image:Apple

私は仕事でM1 MacBook Proを使っていますので、M1の素晴らしさは身を持って体感していました。 ですがそれをiPadで使うには、確かにオーバースペックだと思います。

iPadの使用時間で最も長い使用目的は、ズバリ動画再生です。(オイ) 動画編集もしませんし、PhotoshopIllustratorのアプリがありますが、仕事はMacBook Proで行いますので、特にiPadをクリエイティブな目的には使用していません。

You TubeApple TV、ネットブラウジング、あとはFacetime / Wechatでの長時間テレビ電話が主な用途です。

この使用目的なら、M1のパワーも不要で、最新のiPad Airで問題ありません。 実際、4年前のiPadで問題ないのですから。

ですが私には期待していることがあります。

M1 iPad Proの今後に期待すること

f:id:wemppy:20210606232959j:plain image:Apple

iPadにM1が搭載されても、それを活かすiPadOSアプリが無いことはAppleが一番よくわかっていると思います。 そこで、おそらくAppleMacアプリがiPad Proで動作するようにする計画があるのではないでしょうか。

iPadmacの融合は無いとAppleは度々説明していますが、たしかにハードウェアは別々のままで良いと思います。 でも現在mac app storeで公開されているM1対応Appを、iPadで動作を許可させることは問題ないと思います。

インターフェイスの違いやユーザーエクスペリエンスの溝をどう埋めるか、課題は様々だと思いますが、将来的に柔軟性を増したiPadOSが公開される事を期待しています。

iPadで使えるアプリが増えるときは、それは「M」シリーズに対応したiPadからになると思います。 ですので将来への期待も込めて、M1を選択した理由にしています。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!