ゆるり中国 転職日記

2019年4月から中国に来て、20年12月から深センでデザイナーとして働いています!

AirTag用カード型ケースが最高!(カード型ハードバンパー)

AirTag case

AppleのAirTagは、大切なものに付けておけば、追跡して場所を確認することができます。

私は家の鍵と、パスポートケースに入れています。

ですがパスポートケースにはキーホルダーをつける場所がなく、カードポケットに直接AirTagを入れていたのが気になっていました。

ポケットから落ちそうですし、何よりもパスポートケースのレザー表面に、何か丸型の跡が付きそうだったのが嫌でした。

そこで、今回はカード型のホルダーを購入してみました。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

外観

今回、「タオバオ(淘宝)」で購入しました。価格は28元。
日本円で約480円程度です。

中国のネットでこういった商品を買うと、大体がパッケージ等なく、簡易的な梱包でそのまま届きます。

確かに使い方はネットで確認してから買うので、説明書等も不要です。

AirTag case

表面に波線のデザインが施されています。
表面は曲面で、裏面は平坦です。

AirTag case AirTag case

これはよく見ると、どうやらELECOMが販売している商品ととてもよく似ています。
もしかしたらELECOMのOEM先の工場が、直接販売しているのかもしれませんね。

AirTag用カード型ハードバンパー
AT-SCKシリーズ AT-CAPBWH
カードサイズより一回り小さくスリムな形状で、AirTagを装着することで財布などのカードポケットにしっかり収納できるカード型ハードバンパーです。

www.elecom.co.jp

実際にAirTagを装着してみました。
カチッとハマるというよりも、ムニッと押し込む感じです。

AirTag caseAirTag case

横から見てみると、少しAirTag本体が出ています。

AirTag case

パスポートケースに挿入

実際にパスポートケースに入れてみました。

AirTag caseAirTag case

かなりいい感じです!
かなりタイトなカードポケットでない限り問題なく入ると思います。

ケースは厚み上がるので、ポケットは割と膨らみますね。
AirTag自体も厚みがあるので、仕方のないところでしょう。

AirTag case

ポケットの中でしっかりと場所が決まることで、滑り落ちる心配もなさそうです。

カード型のAirTagがサードパーティからも発売されているようですが、財布に入れるならカード型が一番です。

※因みにこのパスポートケースはかなりお気に入りで、「bellroy(ベルロイ)」というブランドの製品です。

ja.bellroy.com

最後に

ずっと直接、AirTagを放り込むのが気になっていたので、やっと解決できてスッキリしました。

AirTagを直接財布の中に入れている方に、おすすめの商品です。

日本ではELECOMの商品を購入されるのがいいと思います。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ