ゆるり中国 転職日記

2019年4月から中国に来て、20年12月から深センでデザイナーとして働いています!

【中国】東莞(东莞)の正しい読み方/呼び方は「ドンガン」だと思う

f:id:wemppy:20210913102810j:plain

中国の東莞市ですが、日本人からすると、読み方は複数あると思います。 例えばトンガン、ドンガン、トウカン...。

東莞は工場が多く、深センや広州にも近い場所です。 製造業に関わる方などは出張で訪れたり、サプライヤーが東莞にあるなど、知っている方が多いと思います。

私は東莞で1年半暮らし、今は深センに引っ越して働いています。

そこで私が思うに、東莞の読み方/呼び方はズバリ「ドンガン」が最も近くて、現地で問題なく通じる読み方だと思います。

今回はそんな東莞の「読み方」に関して、少し記事にまとめてみます。

www.yururi-kaigai.com

www.yururi-kaigai.com

日本語的な読み方

f:id:wemppy:20210913102742j:plain

まず東莞の公式?な日本語読み方は何でしょうか。 Wikipediaで調べてみます。

東莞市 - Wikipedia

すると「トウカン市」ということでした。

確かに、日本語読みだとそうですね。

ですが現地でトウカン市と言っても、現地人にはもちろん、日本語通訳の中国人にもうまく伝わらないと思います。

そして現地で働いている日本人からも、「トウカン」という発音はあまり聞いたことがありません。

中国語での読み方

f:id:wemppy:20210913102524j:plain
東莞唯一の地下鉄2号線。かなり綺麗です。

中国語の発音を表すには「拼音」ピンイン)を使用します。

東莞は簡体字では「东莞」ですが、ピンインでは「dōng guǎn」となります。

この上についている小さな「-」や「小さな✓」は、音の抑揚を表しています。

これを無理矢理にカタカナに表すと、「ドングゥアン」が近いと思います。

「ドン(dōng)」は高い音、「グゥアン(guǎn)」は一度沈み込むイメージです。(大体です)

日本語にはあまりない響きだと思います。

実際に現地で通じる読み方

さて本題ですが、結局の所なんと読めばいいのでしょうか。

冒頭でもお伝えしたとおり、「ドンガン」だと思います。

現地で暮らす日本人も、だいたい「ドンガン」もしくは「トンガン」です。

f:id:wemppy:20210913102540j:plain

「ドンガン」だと中国語の発音にも近いため、現地でも伝わりやすいです。

空港などで行き先を伝えるときは、「ドンガン」に加えて、「ドングゥアン」を少々意識して、「ドングァン」で大体は通じると思います。

最後に

以上、大体お分かりいただけたでしょうか。

ちなみに東莞の所属している「広東省」ですが、日本語読みだと「カントン省」が一般的ですよね。

これをもっと中国語寄りにすると「グァンドン」です。

f:id:wemppy:20210913102509j:plain
東莞にもスタバが沢山あります

ついでに、近隣の街も比較してみましょう!

広州 → コウシュウ / 中国語読み:guǎng zhōu(グァンジョウ)

深圳 → シンセン / 中国語読み:shēn zhèn(シェンジェン)

香港 → ホンコン / 中国語読み:xiāng gǎng(シャンガァン)

澳門マカオ / 中国語読み:ào mén(アオメン)

きっと日本で馴染みのある発音は、いろいろなルーツをたどって、現在の呼び方に落ち着いているんでしょうね。

※中国語をピンインではなくカタカナで表すことは難しく、発音も正しくないため、参考程度にご覧ください。

今回は東莞の読み方に関してでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!