ゆるり中国 転職日記

2019年4月から中国に来て、20年12月から深センでデザイナーとして働いています!

【中国】東莞(东莞)の正しい読み方/呼び方は「ドンガン」だと思う

f:id:wemppy:20210913102810j:plain

中国の東莞市ですが、日本人からすると、読み方は複数あると思います。 例えばトンガン、ドンガン、トウカン...。

東莞は工場が多く、深センや広州にも近い場所です。 製造業に関わる方などは出張で訪れたり、サプライヤーが東莞にあるなど、知っている方が多いと思います。

私は東莞で1年半暮らし、今は深センに引っ越して働いています。

そこで私が思うに、東莞の読み方/呼び方はズバリ「ドンガン」が最も近くて、現地で問題なく通じる読み方だと思います。

今回はそんな東莞の「読み方」に関して、少し記事にまとめてみます。

www.yururi-kaigai.com

www.yururi-kaigai.com

日本語的な読み方

f:id:wemppy:20210913102742j:plain

まず東莞の公式?な日本語読み方は何でしょうか。 Wikipediaで調べてみます。

東莞市 - Wikipedia

すると「トウカン市」ということでした。

確かに、日本語読みだとそうですね。

ですが現地でトウカン市と言っても、現地人にはもちろん、日本語通訳の中国人にもうまく伝わらないと思います。

そして現地で働いている日本人からも、「トウカン」という発音はあまり聞いたことがありません。

中国語での読み方

f:id:wemppy:20210913102524j:plain
東莞唯一の地下鉄2号線。かなり綺麗です。

中国語の発音を表すには「拼音」ピンイン)を使用します。

東莞は簡体字では「东莞」ですが、ピンインでは「dōng guǎn」となります。

この上についている小さな「-」や「小さな✓」は、音の抑揚を表しています。

これを無理矢理にカタカナに表すと、「ドングゥアン」が近いと思います。

「ドン(dōng)」は高い音、「グゥアン(guǎn)」は一度沈み込むイメージです。(大体です)

日本語にはあまりない響きだと思います。

実際に現地で通じる読み方

さて本題ですが、結局の所なんと読めばいいのでしょうか。

冒頭でもお伝えしたとおり、「ドンガン」だと思います。

現地で暮らす日本人も、だいたい「ドンガン」もしくは「トンガン」です。

f:id:wemppy:20210913102540j:plain

「ドンガン」だと中国語の発音にも近いため、現地でも伝わりやすいです。

空港などで行き先を伝えるときは、「ドンガン」に加えて、「ドングゥアン」を少々意識して、「ドングァン」で大体は通じると思います。

最後に

以上、大体お分かりいただけたでしょうか。

ちなみに東莞の所属している「広東省」ですが、日本語読みだと「カントン省」が一般的ですよね。

これをもっと中国語寄りにすると「グァンドン」です。

f:id:wemppy:20210913102509j:plain
東莞にもスタバが沢山あります

ついでに、近隣の街も比較してみましょう!

広州 → コウシュウ / 中国語読み:guǎng zhōu(グァンジョウ)

深圳 → シンセン / 中国語読み:shēn zhèn(シェンジェン)

香港 → ホンコン / 中国語読み:xiāng gǎng(シャンガァン)

澳門マカオ / 中国語読み:ào mén(アオメン)

きっと日本で馴染みのある発音は、いろいろなルーツをたどって、現在の呼び方に落ち着いているんでしょうね。

※中国語をピンインではなくカタカナで表すことは難しく、発音も正しくないため、参考程度にご覧ください。

今回は東莞の読み方に関してでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

海外に転職して感じた「リアル」なメリット/デメリット 3選【ランキング】

f:id:wemppy:20210801012744j:plain

私は中国に来て2年半が経過しました。 それまでは福岡、東京で働いていましたが、現在はその時とは違った幸福度が上がった気がしています。

でもそれとは別の、海外で働くことのデメリットも見えてきました。

今回はそんな生活の中で感じた3点を、ランキング形式でご紹介しようと思います。

はじめに

私は日本でグラフィックデザイナーとして、5年働いていました。 出張で中国に来る機会が多かったことから興味を持ち、2019年に中国に転職しました。

中国での最初の1年半は日系の工場で働き、現在は中国国内で転職して、深センでグラフィックデザイナーの仕事をしています。

現在の勤め先も日系企業ですが、深セン事務所で日本人は私だけです。 組織はアメリカ企業の経験者が多く、外資系企業の様な風土があります。

f:id:wemppy:20210530000732j:plain

【メリット3位】疲れる飲み会がなくなった

日本で働いていた際も、私の職場環境は飲み会の少ない会社でした。 ですがそれでも、年に数回、歓迎会や忘年会などで集まる機会がありました。

日程が近づいてくると、社員みんなが憂鬱になっていましたし、席順のくじは運命をかけて引いていました。笑

f:id:wemppy:20200516184137j:plain

そういった組織としての交流も必要だとは思いますが、好きでもない上司と一緒にいるのは全然楽しくありません。

今の会社で働き始めてから、このような飲み会から開放されました。 中国人の同僚は、退勤後は個人の時間として、あまり会社の関連行事には積極的ではない感じがします。

とはいえ...これは海外にいても、務める職場によって違うかもしれません。

以前勤めた日系企業は、社内では日本と全く同じ状況でしたので、 定期的に面倒な飲み会がありました...。

でも、海外に出ると事で、そういった日本には少ない風土の会社に務められる確率が上がるというのは、大きなメリットだと思います。

【メリット2位】職場環境が改善、良い意味でユルく

日本では残業が多く、ひどい時期は深夜2時まで会社にいることは日常的でした。

後半で改善してきましたが、それでも終電で帰る日が多かったです。

f:id:wemppy:20200530210537j:plain

現在の会社では、キャパ以上の業務量は断れる雰囲気があります。 これは素晴らしいことで、以前の会社のように無理に押し付けられません。 難しいときは難しいと伝え、どうしたらタスクを解決できるかを話し合います。

更に、ちゃんと労働時間8時間を基準に、業務量をコントロールしています。

なので終業後の定時ダッシュも当たり前です。

日本の会社なら定時には帰りづらく、様子伺いながら残業という事も、あると思います。

その点、中国人の同僚たちは、全く気にしていません。

もちろん忙しいときは多少の残業が必要ですが、それでも全然、許容できる範囲です。

また、外資系企業のような社風のため、業務に支障がなければ、 都合によって業務時間をずらしたり、少々の外出も問題ありません。

かなりフレキシブルな働き方ができるようになりました。

【メリット1位】語学力が超向上した

海外にいると、まず何よりも語学力の向上という目標ができると思います。

毎日外国人と接する中で、自分の発音が伝わらなかったり、自分の伝えたい内容が思うように話せなかったりすると、もっと勉強が必要だな、とそう感じます。

私は中国転職が決まった2ヶ月前から、中国語を勉強し始めました。

それまでは本当に、ニーハオ、シィエシィエくらいしか知りませんでした。

(いま思うと、全く話せないのによく海外転職が決まりましたね...)

f:id:wemppy:20210120221626j:plain

それから毎日少しずつ勉強することで、2年半後の今では、同僚と中国語オンリーでコミュニケーションして、仕事が進められるようになりました。

最近ではサプライヤーとも直接連絡する機会も増え、自分のレベルアップ具合を感じられました。

もしまだ日本に居たら、自分の性格上、絶対に語学力が伸びることはなかったと断言できます。

複雑な話はまだまだ難しいですが、2年あればゼロからここまで、自分のスキルを伸ばせたということは、何より環境の影響だと思います。

日本でコツコツ勉強できれば良いのですが、やはり毎日生活の中を外国語漬けにできるのは、海外に住むことが一番だなと感じました。

【デメリット3位】食事が口に合わない

ここからはデメリットを紹介します。

日本で25年以上培った味覚はなかなか、すぐには現地に合わせられません。

f:id:wemppy:20210324221956j:plain

食事は毎日欠かさず3食必要ですが、口に合う食べ物がなければ、何を食べるか毎日の悩みになります。

中国の私が住む広東省は、広東料理が有名ですが、味付けが個人的に好みに合いませんでした。 なんだか薬膳の様な、八角など独特の調味料が使われていて、最初はかなり苦労しました。

今ではだいぶ慣れてきて、美味しく食べられるようにコツを掴んできましたが、積極的ではありません。

もし中国の中華料理が、餃子の王将みたいな感じだったら、最高なんですけどね...。

f:id:wemppy:20200610221957j:plain

特に海外生活が日常となった今では、新しい料理に挑戦するエネルギーがだいぶ減りました。

中国に住み始めた頃は、色々と挑戦してみる事も楽しかったです。 初めて食べる料理を写真に撮って、これやべぇ!ザリガニ食べるの!?とか。

今では仕事帰りに、チャーハン、サイゼリヤマクドナルド、小炒肉饭、兰州拉面、卤肉饭、石焼ビビンバなど。 味を知っているものばかりで、レパートリーが少なく、ループしています。。

f:id:wemppy:20200614144046j:plain

以前、日系の工場で働いた頃の先輩や上司は年配者が多く、毎晩のように日本料理屋に通っている人が多くいました。

特に年を取ると、現地の食習慣に合わせることはとても難しいようです。

【デメリット2位】緊急事態に対応が難しい、信頼できる人が必要

f:id:wemppy:20210611211815j:plain

今回のコロナウイルスで痛感しました。 海外で、たった1人の力で生きていくのはほぼ不可能ではないかと思います。

日本であれば、全て自分で考えて、情報を集めて、対応できます。

ですが海外にいると、言葉の壁や情報ルートの不足、対応方法が分からないなど、いろいろな問題が発生すると思います。

それを補うために、親しい友人であったり、信頼できる会社の同僚など、頼れる人が必要だと思います。

今回もコロナに関しては、深圳や東莞政府の対応も色々と変わりました。 このような旬の情報は、追いかけるのがかなり大変です。

私の場合は彼女が中国人なので、今回のコロナ対応や、国内転職ではかなり助けてもらいました。

もし彼女がいなければ、このコロナ禍でうまく対応できた気もしないですし、ワクチン接種、集団PCR検査の参加など、初めての事はかなり外国人には難しいと思います。

f:id:wemppy:20210530183512j:plain

きっとこれからも、沢山の問題が出てくると思います。例えば大災害の発生、国家の崩壊、最悪は世界情勢の悪化で戦争が始まったりなど。

これは海外で働く上で大きな不安事項だと思います。

【デメリット1位】日本の友達、家族に会えなくなった

f:id:wemppy:20200913123300j:plain

日本にいるときは仲のいい友達で仕事終わりにオールでカラオケ行ったり、昼から焼肉とビール行ったり、それなりに楽しい日々でした。

でも海外に来ると気軽に会えなくなりますし、なんだか少々、疎遠になってしまいました。

中国でも色々と知り合いが増え、良い関係性も築いて来れましたが、それが日本の友達に置き換わるわけではありません。

また家族も同じです。

特に現在はコロナの影響で、日本に帰国しても14日間の隔離が必要です。

もし兄弟や親戚が結婚するとなっても、隔離期間を含めた休みの申請は、勤め先によってなかなか難しいと思います。

急病があってもすぐ病院に見舞いに行けませんし、もし最悪の場合、不幸があった場合は、葬式に参列できない可能性が高いです。

海外という遠い場所で働くことを選択できるのは、家族の健康状態も大きな影響がありそうです。

最後に

f:id:wemppy:20200913122747j:plain

以上、私が感じたメリットとデメリットでした。

海外で働くには、やはりそれなりのリスクが伴います。

ですが私は、それを上回るメリットとして、全く新しい体験ができて、自分の人生に蓄積されていく、という事は、絶対にお金では変えない貴重なことだと思います。

この記事が、皆さんの運命を大きく変える決断として、一つの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【体験レポ】中国 東莞で一斉PCR検査に参加。広州・深センでコロナ感染者が増えてきた!(2021/06/9)

f:id:wemppy:20210611211815j:plain こんにちは。

現在中国の広東省深セン・広州ではコロナウイルス感染者が増えてきたようです。

これまではほどんど0人が続いていましたが、5月末から少しずつ増え始めました。

政府はかなり危機感を持っているようで、広州・深セン・東莞で集団PCR検査が一斉に始まりました。

集団PCR検査とは?

f:id:wemppy:20210611211937j:plain 東莞の場合、6月7日〜9日にかけて3日間で行われます。費用は無料です。

それぞれ団地ごとにグループとして、団地の中庭など広いスペースに仮設テントを張って、検査が行われます。

市民全員を検査するため、大量の人が並んでいます。早い人は朝5時から並んでいるようです。ですが検査も3日目になると、かなり減って空いていました。

他にも並ぶのが大変な人は、有料のクリニック等で検査受ける人もいるようです。(45元:720円程度)

知り合いは強制の検査だと言っていますが、強制力について本当のところはよく分かりません。

ですが検査を受けないと、電車やタクシーに乗れなかったり、商業施設に入れないなど、生活に影響がある可能性がある、という事でした。

検査を受けてみた

f:id:wemppy:20210611212007j:plain 私の場合、外国人ですが中国人と同じ方法で検査できました。

まさかのパスポートの提出も必要ありませんでした。笑

検査の流れは、WechatでQRコードを読み取り、立ち上がるアプリに個人情報を登録します。その後発行されるQRコードを担当者に読み取ってもらい、検査を受けます。

検査後は特に検査記録の用紙が渡されることもなく、結果は「健康証」アプリに後日表示されます。 f:id:wemppy:20210611212034j:plain 紙に記入することも一切ないですし、ここまでスマホに依存したシステムが成り立つのは、さすが中国だなという感じです。

また、大部分の市民を検査することで、ウイルスがどこまで広がっているのか、一斉に確認できます。

この中国の行動力に関しては、日本でも参考にできる部分もあるのではないかと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました! f:id:wemppy:20210611212055j:plain

【体験レポ】中国 深センでコロナのワクチン接種!外国人は1回約1,600円

f:id:wemppy:20210530185520j:plain こんにちは。新型コロナウイルスですが、私の住んでいる広東省でもどんどん摂取が進んでいます。 実際に摂取した結果、かなり待ち時間が長く大変でしたが、デジタル化されている面も多く感心しました。 実際にどのような流れで摂取するのか、参考にご覧ください。

中国のコロナ事情

f:id:wemppy:20210530183434j:plain

これまでの中国は、少しでも感染が広がった地域はすぐにロックダウンしたり、周辺住民に強制PCR検査を実施するなど、力技で感染拡大を食い止めてきました。 そのため国内ではかなり安全ムードが広がっています。5月の大型連休でも国内旅行に大勢の人が出かけました。 なので、中国政府はワクチンを積極的に受けるように告知していたものの、受けたい人は受ける、という雰囲気がありました。

しかし最近になって、私の住む広東省広州と深センで数件の発生が発表され、雲行きが怪しくなっています。

そのためワクチン接種会場に、日に日に多くの人が訪れています。 危機意識が上がった様子です。

①行列

f:id:wemppy:20210530183444j:plainf:id:wemppy:20210530183507j:plain

私は予約不要の会場で摂取しました。朝の8時半から摂取開始ですが、朝7時半から並び始め、8時頃からは整理券も配られました。 かなり人多いです…。最終的に全て終わって帰れたのは、昼の12時でした。

病院の近くの施設で、事務所が入っているビルを大規模接種会場に改造したようです。 確かに病院に人が押しかけて、院内が混乱するよりもとても良いですね。 動線もしっかり作られていました。

f:id:wemppy:20210530183456j:plainf:id:wemppy:20210530183449j:plain

ツワモノは小型の椅子を持ってきて、長時間の行列でもうまく対応していました。 場所によっては日が暑いため、日傘や帽子はあったほうが良さそうです。 あと水も忘れずに持っていたほうが良いですね。

QRコードから登録

f:id:wemppy:20210530183512j:plain

個人情報をQRコードから入力します。実は外国人用のQRコードは別にあり、それが見つからずにかなり迷いました。 (中国人と同じQRコードだと、中国の身分証明番号がないため先に進めなくなっている)

担当者に聞くと、担当者の名札の裏に、外国人向けのコードが貼り付けてありました...。

個人情報(パスポート番号や住所、勤め先など)を入力すると、バーコードが発行されます。 これはスクリーンショットを撮っておいたほうが良いです。 30分後に見ると、また最初から登録やり直しになってしまいましたので...。

それでも、個人の登録は自分自身で行うことで、スムーズな運営ができているという点は、中国のデジタル化は流石だなと感じたポイントでした。

f:id:wemppy:20210530183523j:plain

③問診票の記入、支払いと受付

f:id:wemppy:20210530183517j:plain

問診票は、最初は中国人と同じ書類に記入していましたが、実は外国人専用の用紙がありました。 書類の写真はありませんが、しっかり日本語で書かれた書類が準備してありました。 中には問診票以外にも、もし問題があった場合などの誓約書も含まれていました。

f:id:wemppy:20210530183553j:plainf:id:wemppy:20210530183539j:plain

その後、外国人は支払いを行います。1回の摂取で100元(約1,600円)です。 支払い方法はWechat PayかAlipeyを選択できました。現金も対応しているかは不明です。 この会場には外国人を担当する、英語が話せる担当者が数名いました。

支払いの領収書を持って、受付に行きます。 先程のバーコードを読み取ってもらい、ワクチンの摂取票を発行してもらいます。 ちなみにこの摂取票に記載されている内容は、先程のバーコードそのままでした。私はバーコードを発行する際に性別を間違って女性にしてしまいましたが、ワクチン接種直前に医者から指摘されるまで、気づきませんでした。

④摂取

摂取のため医者が控えている個室は6部屋ありました。 氏名と生年月日等の情報を最終確認されます。

f:id:wemppy:20210530183545j:plainf:id:wemppy:20210530183549j:plain

⑤30分の経過観察

接種後は観察室(といっても椅子が大量に置いてあるだけですが)に移動して、30分の待機をします。

摂取表には摂取時間と30分後の時間も手書きされており、30分より早く退室することはできません。 出口では警備員が、一人一人の時間を確認している徹底ぶりでした。

f:id:wemppy:20210530183608j:plain

⑥翌日にはスマホの健康証に記録が反映

f:id:wemppy:20210530183614j:plain

Wechatのミニプログラムから起動できる健康証に、ワクチンの1回目の接種記録が表示されました。 おそらく外国人はパスポート番号で一括管理されていて、自動で反映されたのだと思います。 去年受けたPCR検査の結果も、同じように表示されています。

minarou.hatenablog.com

中国人なら身分証明書に個人番号が記載されていて、行政はもちろん鉄道のチケット発行なども個人番号で便利に行なえます。

日本ではマイナンバーカード制度もうまく浸透していないようですが、国民番号を活用して、このようなシステムがあればとても便利ですね。 (もちろん、プライバシーや個人情報問題、高齢者はどうするなど、いろいろな問題がありますが。)

最後に

f:id:wemppy:20210530183533j:plain

中国ではすでにワクチンの摂取回数は5億回を超えているということです。(2021年5月25日) たしかに摂取の運営はとてもスムーズでした。

j.people.com.cn

スマホアプリから登録、結果の反映と、スマホを活用している点も中国の良いポイントだと思います。 いろいろな問題があると思いますが、便利なものはどんどん活用していくことは合理的だと思います。

そして深センの発表では、本日の発表で6月1日からはワクチン接種が完全予約制になることが告知されました。 きっと今週に入って、想像以上の人が会場に詰めかけたのでしょう。 2回目の摂取時、予約がとれるか少し心配です…。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

【2021年最新版】中国 東莞(トンガン)はどんな場所?生活・治安・娯楽

f:id:wemppy:20210530005657j:plain

こんにちは!私は中国に住んで約2年になります。
今は深センで働いていますが、以前は1年半ほど東莞で働いており、今でも毎週末は東莞に帰っています。
 
そんな東莞について以前記事を書いたところ、「東莞 治安」のワードでこのブログに訪問いただくことが増えました。
それだけ治安面について、心配される方が多いということは一つの発見でした。
(私も実際に住む前はかなり心配でした…)

minarou.hatenablog.com

 

私も東莞の隅々まで知ってるわけではありませんが、改めて東莞はどんな場所なのか、ざっくばらんに、ご紹介させていただきます。
一部は人から聞いた怪しい情報も含まれますが、まあ話半分、参考程度に読んでいただけたらと思います。
 

 ▲シェアサイクルがとても人気です。でも人気のある場所に自転車が偏るため、このように定期的に移動させているようです。
 

はじめに:東莞の概要

長安鎮の政府施設
中国の南、広東(カントン)省に位置する工業都市です。
深センと広州という大都市の中間に有り、香港も車で2時間ほどで便利です。
立地を活かし、珠江デルタ地域の一部として、多くの工場が立ち並ぶ工業都市となっています。
最先端の電子部品から衣料品まで、様々な工場が営業しています。
 
工場都市であるため、先進的な深センや、歴史ある広州に比べて、ちょっと特徴の少ない芋っぽい感じがあります。(すいません…)
 
人口は1,046万人(百度2020年)
面積はWikipediaによると、佐賀県と同程度らしいです。
東莞の呼び方は日本語では「とうかん」らしいですが、日常的には「ドンガン」や「トンガン」と呼んでます。
中国語の発音では「ドングゥアン」が近いです。
 

日本からのアクセス

香港空港 or 広州の白雲空港を利用する人が多いです。
香港空港:東京から飛行機で4時間、車で2時間程度
白雲空港:東京から飛行機で4時間、車で1.5時間程度
 
深セン空港も最も近いのですが、LCCが無く値段が高かったり、便数も少ないので少し不便です。

東莞の生活・雰囲気

気温と天候(東莞は南国)

夏が長く冬が短いです。冬も最低気温は3〜5℃くらいで、身を切られるほどの寒さは感じません。
大体12月頃から本格的に寒くなり、春節(旧正月)の2月頭ごろが最も寒いです。4月ごろから、気温が30℃超える日が増えてきます
いっそのこと常夏なら、冬服も準備しなくて良いんですが…。

 
夏は40℃近くまで行くのではと思うほど暑いのですが、40℃になると工場などは停止するという決まり(?)があるらしく、私は40℃ という発表は聞いたことがありません。
南国らしく、甘くて美味しいフルーツがたくさん売っています。
 
夏の夕方には猛烈なスコールが降りますので、傘が欠かせません。Wechatの東莞天気予報のアカウントをフォローしておくと、スコールの1時間ほど前に通知してくれるので便利です。
逆に冬は乾季で、何ヶ月も1滴も雨がふらない日が続きますので、雨の心配はいりません。
 

交通はタクシーかバス

f:id:wemppy:20210530120827j:plain

地下鉄が一本しか無いため、基本的にはタクシーかバスが多いです。
DiDiというスマホアプリで配車できるサービスが超便利なので、みんな活用しています。
バスも路線バスが大量に存在するので、バスでもどこでも行けます。
 
地下鉄は延線工事と新規路線も複数工事が進んでいるので、もっと便利になりそうです。

物価は高くない

ローカルの中華料理なら、20元(約320円)あればお腹いっぱい食べられます。
家賃も深センは東京並みの場所が多いですが、東莞はぐっと下がりますので、広い部屋に住めます。
物価が安い分、駐在で東莞にきたらかなり貯金できると思います。

▲こんなに大量のスイカが10元(約160円)で!

  

minarou.hatenablog.com

 

minarou.hatenablog.com

 

言葉と食事

広東省 なので広東語話者が多いですが、省外から出稼ぎに来ている人も多いので、普通語もふつーに通じます。心配いりません。
食事は広東料理の店が多いですが、私はよくサイゼリヤとか日本料理とか、タイ料理とか好きでよく行ってます。湖南料理の店も美味しくて人気があります。
スターバックスもそこら中にあります。
また、広東料理は辛くないので、安心してください。

 

日本人が結構多い

f:id:wemppy:20210530120014j:plain
f:id:wemppy:20210530121008j:plain
東莞には日本人も多く住んでいるため、日本料理屋が充実しています。
また、今の中国では日本料理を好む人も多く、店も中国人の客で賑わっています。
中国料理に味が馴染めない人も、日本料理屋が沢山あるので問題ないと思います。
 
ちなみに韓国人も多く住んでおり、韓国料理店も多いです。
街で外国人とわかると韓国人か?と聞かれやすいです。

住む人々が優しい

私は特に、外国人だからといって差別や嫌がらせにあったことがありません。
中国語がほとんど話せない頃も、店や街で初対面でも、私の話を一生懸命聞き取ろうと頑張ってくれる人ばかりでした。
タクシーに乗っても運転手から気軽に話しかけられたりします。
 
反日的な人にも、私は出会ったことがありません。(実は根では反日な人も居たかもしれませんが、態度で示されたことはありません)

東莞の治安

 

f:id:wemppy:20210530120338j:plain

最初に結論を述べると、かなり安全で治安は悪くありません。
もちろん、人気(ひとけ)のまったくない路地裏や、工場すらもない極端な田舎など、外国人が近づかないほうがいい場所を除きます。(もっとも、基本的にそんな場所に用事もないと思いますが…)
 
市バスも危険だと聞きましたが、全く問題ありません。
(運転が荒すぎて、車内でケガしないかそっちの意味のほうが心配です…)
 
スリやひったくりもほとんど聞きません。私自身もこれまで、危険な思いをしたことはありません。
ただあくまで外国なので、日本レベルの治安の良さとは別です。
治安が良いとはいえ、油断しないように注意が必要です。
 
これはほんの10年前(それこそ5年前と比べても)治安レベルがとても良くなっているそうです。
20年前から東莞に居る日本人の知り合いの話だと、以前は全く安心して暮らせなかったそうです。
携帯を盗るために後をつけられたり、財布を盗られそうになったりなど、カバンは身体の前に背負うのが基本だったとか。時には発砲音も聞こえたそうです。(爆竹では? ^^;)

f:id:wemppy:20210530120104j:plain

▲南城区の広く綺麗な公園から、建設中の東莞で最も高いビルを望む

東莞の治安は急激な速度で良くなっています。
これは中国が全体的に、治安や衛生環境が改善し、民度が高くなっていることに比例しているんだと思います。
私の彼女も、深センから東莞に初めて来る前(10年ほど前)は、東莞は少し危険で汚い場所だから、あまり近づきたくないイメージがあったそうです。
 
おそらく10年前の情報が、東莞出張経験者の記憶の中や、ネット上に残っていて、今でも治安が悪いイメージが拭いきれないのだと思います。

東莞の観光・娯楽

工業都市であるため、観光地は少ないです。
唯一自慢できる観光地は、清とイギリスが戦争した「アヘン戦争の史跡があります。
東莞の「虎門」でイギリス軍を迎え撃ったそうで、今でも砲台が残されて、観光地になっています。

f:id:wemppy:20210530123929j:plain

娯楽は健全なマッサージ(かなり本格的な技術)の店が多かったり、巨大なショッピングモールも多いです。
ゴルフ場も数箇所あり、休日にはゴルフに行く人も多いです。
私は経験ありませんが、東莞の日系企業同士でのゴルフによる交流もあるそうです。
 
映画館も充実しており、3D IMAXに対応した映画館もあります。
(シンエヴァは中国で上映するんでしょうか…。ネタバレ見ずに待ってます)

f:id:wemppy:20210530120401j:plain

▲2021年の旧正月、中国で大ヒットした映画「你好 李焕英」。過去の自分の母親に会う心温まるストーリーです。

主演の二人は中国で有名な芸人らしく、コミカルな場面も多く楽しめました。

東莞の「夜の」娯楽

これは東莞を語る上では外せないテーマです。
東莞は以前、中国内でも超有名な風俗業の激戦区で、「性都」と呼ばれていました。サウナや刺激的なマッサージ、ほかにKTBというエ○カラオケ等が乱立し、街の一大産業の一つとなっていました。(※誤解なきよう、KTBとは基本的に健全なカラオケ店の事です)
工場が多く性労働者が国中から集まっていたため、同時に性産業も発展したそうです。

f:id:wemppy:20210530120418j:plain

▲これは健全なマッサージ屋の店内です...。低温の岩盤浴的な。
 
ですが7年ほど前(2014年)に一気に情勢が変わります。一斉に摘発され、東莞の性サービス業は木っ端微塵に壊滅しました。これによる失業者も半端なかったそうですが、とりあえず東莞は健全な街に生まれ変わることができました。
東莞で出張者のアテンドを担当する方は、今でも久々に来た人から、その手の店に行きたいとオーダーされると困ると聞きます。もう今は無いんです、すみません。と断っているそうです。
 
聞いた話では、東莞はエ○のイメージが拭いきれないので、分解して隣町の深センと広州に吸収し、東莞という名前を抹消する話もあったとか。
 

最後に

以上、東莞がどのような場所か、少しでも理解いただけたでしょうか。
おいしい食事もありますし、きれいな公園も沢山あります。
なにより暮らしている人々は優しい人が多く、みんな自由に暮らしています。
ある程度安心して暮らせる街だと思います。
 
ぜひ、出張や駐在が決まった方や、そのご家族、または旅行で来る方の参考になれば幸いです。

f:id:wemppy:20210530120517j:plain

 
↓こちらの記事もぜひご覧ください!

楽天モバイル「1GB以下なら無料」プランが海外住みなら最適!と思ったら中国版iPhoneはeSIM非対応だった。

こんにちは。私は中国の深センで暮らしていて、中国に来てからは2年ほどになります。
日本には1年に2回ほど帰るだけですが(今はコロナで1年以上帰れてませんが...)日本の携帯番号はあると便利なので、使用していませんが維持しています。
 
生活の基盤が海外にある方々は、日本の携帯番号をどのように管理していますか?
私は携帯番号を維持するために、LINEモバイルの一番安いプランを使用していました。(毎月1300円程度)
最近になって携帯電話各社の通信料金値下げ競争が急速に激化し、各社から様々なプランが出揃ってきました。これを機会にプランを見直すことにしました。結果、選んだのは楽天モバイルです。
 
海外から楽天モバイルを契約した、こちらのブログを参考にしました。
 
楽天モバイルは海外居住者をサービス対象としていません。
本記事は個人的な体験談として記録したもので、多くの皆さんに契約をオススメするものではありません。
 

深センは5月になり、本格的な夏が始まりました。夕方の涼しくなった時間からの屋台で食べる美味しい料理と冷たいビールは最高です!
 

楽天モバイル」が海外住みに最適な理由

楽天モバイルが提供する「UN-LIMIT VI」は、1月の使用量が1GB以下なら無料になる太っ腹なプランです。
海外に住んでいる人は、年に1〜3回日本に帰るという場合が多いと思うので、それ以外の携帯電話で通信を使用していない月は支払いの必要がありません。
 
大手キャリアだと、しばらく使用する予定が無いのなら番号を休眠させることもできるようですが、一時帰国のたびにキャリアに連絡して、開通作業をするのは手間です。
 
また給与が現地通貨で支払いの場合、日本口座の貯金を減らさずに済むという点も嬉しいです。 

実際に契約してみた

今回はeSIMを選択しました。eSIMとは、通常の物理的なSIMカードではなく、デジタルで発行されるSIMです。物理SIMだと家族とかに発送してもらう必要があったので、eSIMが便利だと思った次第です。
でもそこには大きな落とし穴がありました…。(後述)
 

 
eSIMであっても、セットアップ用のQRコード等は紙で郵便で届きます。
実家の家族に写真を撮って、送ってもらいました。
各種設定を行い、iPhoneにeSIMプロファイルを読み込ませるためのQRコードをスキャンしました。ですがうまく行きません。
最初は中国特有のネット事情※が原因かと思い、色々とVPN設定を変えて試してもうまく行きません。
(※中国はグレートファイアウォールという名の、海外サイト・アプリ等が簡単に使えない仕組みがある)
 
そしてまさかとは思ったのですが…。

 中国版iPhoneはeSIMに対応していない

まさかの理由でした。なんと中国版はeSIMに対応していないのです。
中国版iPhoneは世界中のiPhoneの中でも珍しく、物理的なSIMが2枚入る特別仕様になっていますが、まさか、逆にeSIMに対応していないとは思いもしませんでした。
 
ちなみに、私が使っているiPhone 12 miniは、物理SIMは1枚しか搭載できません。
12 miniは小さいため、スペース的な問題で1枚だけなのでしょうか。
(iPhone 12 や 12 Pro 、 12 Pro Maxは2枚入る)
SIM関連の仕様ではもっとも”弱い”スペックのiPhoneになっていました。
 
※仕様を確認するとこんな感じです。
日本版iPhone 12 mini ......  物理SIM  &  eSIM
中国版iPhone 12 mini ......  物理SIM のみ
香港版iPHone 12 mini .....   物理SIM  &  eSIMもしくは物理SIM
香港版が最強ですね。
 
▼中国版iPhone 12 mini 仕様

www.apple.com.cn 

中国国内の通信会社からの反発があったのでしょうか…。
中国の通信会社はかなり大きな力を持っているようで、iPhoneは他にも中国市場向けにオリジナルの仕様を設定しています。
(例えばFace time audioは中国では使用できません)
 

最後に

楽天モバイルは契約して半年、使用しなければ契約解除となるようです。それまでに何か別の方法を考えているところです。
 
ということで、中国版iPhoneはeSIMに対応していない点、皆さんは十分にお気をつけください…。

▲道端で車通りも多いのに、工事現場の前で洗車して迷惑...。ある意味良いところでもありますが、中国には周りの人の目を気にしない人が多いです。

AirTagを実際に旅行先で使ってみた【中国桂林(ケイリン)〜阳朔(ヤンショウ)の旅】(広西チワン族自治区)

 
こんにちは。先日入手したAirTagですが、その実力を試す絶好の機会が早速訪れました。
中国では5月1日〜5月5日の期間で「劳动节」という大型連休がありました。
その中で中国の【桂林〜阳朔(広西チワン族自治区)】に観光に行ってきましたので、AirTagを使ってみました。
 

はじめに:桂林、阳朔とは

 
世界的にも有名な観光地で、日本人にも人気の場所です。
切り立った山々が連なり、まるで水墨画のような風景を作り出しています。
石灰岩質の土地で雨も多いことから、このように特徴的な地形になったそうです。
中国の20元札の裏面にこの山々が描かれていて、20元札を手に持ち記念撮影ができます。
 

▲ 街中にも大きな山々がそびえています。人々は山と共存しています。

 

広西省なので、私の住んでいる深センからは新幹線で3時間ほど。
少数民族チワン族が数多く住んでいて、中国内のチワン族の90%はこの土地に住んでいるのだとか。
今はコロナの影響で、外国人旅行客はほとんど居ないようでした。

チワン族の伝統文化を反映したミュージカル「刘三姐」。方言ばかりなので、中国人も劇中の会話内容は意味不明だったようです。

私がAirTagをつけた貴重品

鍵とパスポートケースにつけています。
(AirTagのケースは既にネットで数多く販売されていますので、もっと似合うケースを探したいと思っています。)

AirTagで実験・離れた場所から検出できるのか

駐車場のツアーバス車内に鍵を入れたカバンを残し、出かけてみました。
バスの車内には休憩で残っている人もいます。その中にはきっとiPhoneユーザーも居るでしょう。

 
数百メートル移動し、完全に自身のiPhoneBluetooth圏外です。
そこでiPhoneからチェックすると....
 
ありました!更新は20分前ですが、出発したのは1時間半以上前なので、これは誰かが見つけてくれたのでしょう。
ですが最終更新をなかなか更新してくれませんでした。
 

AirTagで実験・検出時に自動通知をONにしてみる

 
紛失モードをONにすることで、次に発見したときに自動で通知してくれる機能があります。
これをONにしてしばらく待ってみると...
通知が来ました!これは便利です。

 

 
ちなみに自動通知モードは、一度通知されると、以降はOFFになります。再び通知してほしい場合は、手動で再びONにする必要があります。

 

紛失モード自体は設定等も簡単なので、気軽にON/OFFできます。
 

AirTagで実験・他人のAirTagが近くにあると通知される防犯機能

これは、他人のAirTagが自分を追跡するために意図的に荷物に紛れさせるなどで、追跡、ストーカーされることを防ぐ機能です。
一定時間、他人のAirTagが近くにあれば、iPhoneに通知が来るはずです。
今回は彼女のAirTagを、彼女のカバンに付けていました。
 
結果は、常に彼女のAirTagが常に近くにある状況でしたが、私の環境では確認できませんでした。
 

▲名物の「啤酒鱼」ビールで煮込んだ魚ですが、ビールの味はありません。かなり美味しかったです。

桂林に来たら必ず食べる代表的な料理です。

感じたメリット・手荷物を確認できて便利

例えば荷物の中にパスポートは入れてるけど、本当に入っているか不安になるときってありますよね。そのたびに荷物を開けて、中身を確認するのは少し面倒です。
 
AirTagがあればiPhoneからすぐに確認できるので、気軽にチェックし、安心できます。

今後追加されてほしい機能

手元から離れたときに通知してほしい
これは他社の紛失防止タグに装備されていますが、ぜひAirTagにも実装してほしいです。
パスポートは常に携帯しているので、どこかに置き忘れでもしたら、すぐに通知が欲しいところです。
 
・「探す」アプリのウィジェット対応
例えば常に身近にAirTagがあるか気になる心配性に向けて、ウィジェットの中で気軽に持ち物の位置が確認できたらとても便利だろうなと思います。
 

▲こちらも名物「竹筒鸡」。竹の中に鶏肉のスープが入っています。竹のまま火の中で調理しています。

見た目のインパクトも大で、味もシンプルでかなり美味しい料理でした。

 

最後に

AirTagは簡単に使えて高性能なアイテムでした。
特に今回のような旅行先などは、少しでも安心できると思います。
また桂林の旅行もとても素晴らしい景色を堪能することができて、大満足でした!
 
AirTagのファーストレビュー記事はコチラ

minarou.hatenablog.com

 

 

為替換算は「Currency」がシンプルでおすすめ!複数通貨の同時変換も可能【無料アプリ】

f:id:wemppy:20210324221317j:image
 
こんにちは!海外に住んでいたり、海外旅行が趣味の人は、誰もが自分なりの為替換算の方法を持っていると思います。
私は好みのアプリがずっと決まりませんでしたが、「Currency」が一番便利だと感じましたので、ご紹介します!
このアプリは無料プランでも十分活用できます。
 

ポイント①  シンプルな操作性

f:id:wemppy:20210324221244j:image

アプリを開くとすぐに使い始めることができます。

f:id:wemppy:20210324221248j:image

好みの通貨で数値を入力すると、すぐに他の通貨に換算されて表示されます。
買い物中とか、為替を確認したいときは大体すぐに確認したいタイミングが多いので、結果がスピーディーに確認できるのは便利です。

ポイント② 複数の通貨に一度で変換できる

f:id:wemppy:20210324221254j:image

住んでいる国または地域によって、複数のパターンで換算したいということは多いと思います。
私は仕事で製品価格を確認する時に、米ドル、日本円、人民元と同時に換算されるのでとても便利です。

ポイント③ オフラインで使用できる

f:id:wemppy:20210324221853j:image

海外旅行中にもし通信環境が悪い場合や、SIMカードを入れてないときでも確認できます。
飛行機の中など、移動中にも便利です。

ポイント④  ウィジェット表示に対応

f:id:wemppy:20210324221300j:image

ウィジェットでは通貨を3つまで表示できます。
基準となっている通貨は少々濃い表示になっています。

ポイント⑤ Apple Watchでも使用可能

f:id:wemppy:20210324221307j:image

Apple Watch向けのアプリもあるので、手首ですぐに確認できます。
操作もシンプルで迷いません。素早く結果を表示してくれます。

最後に

色々と機能が盛り込まれたアプリもありますが、私はすぐに結果を表示してくれるこのシンプルな操作性が気に入りました。
ぜひダウンロードして試してみてください!
 
Currency

Currency

Jeffrey Grossman無料posted withアプリーチ